「WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL」

2019年7月1日(月)〜2019年7月31日(水)

20197.18(THU)

「WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL」7.18東京・新木場1stRING大会
開催日:2019年7月18日
時間:19時開始/18時30分開場
場所:東京・新木場1stRING
住所:東京都江東区新木場1-6-24
TEL:03-3521-1015
アクセス:
各線新木場駅より徒歩2分

チケット

【チケット情報】
・最前列プレミアムシート ¥6,000
・リングサイド ¥5,000
・指定席 ¥4,000
※当日各席500円UP
※当日のみ小中高ワンコインチケット¥500を販売致します。
【チケット販売所】
・チケットぴあ(Pコード:594-330)TEL:0570-02-9999 http://t.pia.jp/
・ローソンチケット(Lコード:31968)TEL:0570-000-732(10~20時) http://l-tike.com/sports/wrestle_1/
・イープラス http://eplus.jp/
・㈱GENスポーツエンターテインメント TEL:03-6452-6815
・WRESTLE-1 Official Web SHOP http://shop.w-1.co.jp/
【チケット販売日】
ファンクラブ先行受付を4月20日~4月23日の期間にて受付。
5月3日後楽園ホール大会で会場先行販売、5月4日より順次一般販売開始。

対戦カード第一試合

シングルマッチ 30分1本勝負

    • カズ・ハヤシ

    • 藤村 加偉

 加偉はデビュー2戦目でカズという高い壁に挑む。まずはグラウンドで攻防を繰り広げた後、リストを奪ったカズ。しかし、加偉はブレイクした隙きにエルボーで攻撃。エルボーアタックでカズをダウンをさせる。
 だが、カズはすぐさまグラウンドに持ち込んで挽回。厳しくストンピングを叩き込んでいく。加偉もエルボーで反撃し、串刺し式のドロップキックをお見舞いするが、カズは逆水平チョップでお仕置き。
 さらにカズは後頭部、顔面を蹴り飛ばすなど厳しい攻めを見せる。そして、逆エビ固めに捕獲したカズ、これを逃れた加偉はドロップキックで反撃。カズのブレーンバスターも回避するとドロップキックを打ち込み、さらに串刺し式のドロップキックもお見舞いだ。そして今度は逆に逆エビ固めに捕らえた加偉。
 しかし、カズはキチンシンクで加偉の動きを止めると蹴り上げを連発。悶絶する加偉をバックドロップで叩きつけて3カウントを奪った。

加偉のコメント
「今日でデビュー2戦目でカズ・ハヤシ社長とシングルやって、デビュー戦の時もそうだったんですけど、やっぱり自分の実力がまだまだだなって感じる部分がほとんどで、でも、僕も上に行きたいから、若手だからってノロノロステップ踏んでいくつもりはないので、チャンスは自分でしっかりとつかみたいと思います。前回の後楽園でW-1vs#STRONGHEARTSのあとでCIMAと当たる部分があって、後楽園で#STRONGHEARTSとの対抗戦に出させていただくんで、次の山形から藤村加偉っていうのを#STRONGHEARTSに見せたいと思います」

対戦カード第二試合

タッグマッチ 30分1本勝負

    • 征矢 学/new Wild order

    • タナカ 岩石

    • 本田 竜輝

    • 美月 凛音

 岩石は丸坊主に黒いショートスパッツ姿で登場。先発はその岩石と本田だ。開始早々頭突きを食らわせる岩石はパートナーの征矢にも「うるせえ!」と反発。その間に本田は飛行機投げからタックルで反撃して美月にタッチ。美月は早くもシャンパン飛沫を発射するが、怒りの岩石はマウントポジションから掌底を連打だ。
 だが、美月に後方からドロップキックを食らい自軍のコーナーに飛ばされて強制的に征矢とタッチ。征矢は本田と美月をまとめてで蹴散らすが、本田もタックルで対抗。征矢に果敢にぶつかっていく。そしてついにショルダータックルでふっ飛ばすと続けてブレーンバスターだ。
 さらにジャーマンを決めた本田。ここは岩石がカットに入るが、すぐさま美月が場外に追いやりプランチャで追撃だ。だが、征矢はカウンターのデスバレーボムで本田を叩きつけてあっという間に流れを変えると、ワイルドボンバーで一撃。本田から貫禄の勝利を収めたのだった。

本田&美月のコメント
美月 対戦相手の征矢? 俺が世界一のホストとか言ったらしいな。ホストの世界をナメてんのか知らねえけどよ、歌舞伎町はそんなに甘くねえんだよ。できるならウチの店来てみろよ。体験入店してみろよ。実力見てやる。待ってるぜ。
本田 自分のせいで負けたのが本当に悔しいです。次は自分ができるものをしっかり出して、一日も早く初勝利を目指します。

征矢&岩石のコメント
征矢 今日は仮にもタッグだぞ? お前は格好を変えただけだ! ふざけんな!
岩石 もう昔の俺になりたくねえんだよ! いいよ、どうせ! どうだ! あの人にさんざん言われてまず見た目から変えたぞ。初めからやり直してやるよ。俺だってこのままじゃいけないと思ってんだ。どうだ土方さん! 変えろ変えろって言っといて……。
※後方の扉から突然土方が出現。
土方 8月1日、シングル組まれてるよな? 見た目を変えたのは認めてやる。レスラーとしては認めてねえけどな。お前をレスラーとして認めるかは8月1日。二度と俺の前に立ちたくないと思わせて潰してやるよ。それが俺の敬意だ。腹くくってこい。
岩石 来てたんですか? それがあなたの敬意だって言うんだったら、俺は全力で今の気持ちを、思いをぶつける。バッチバッチでぶつける。それが俺のあなたへの敬意だ!

対戦カード第三試合

タッグマッチ 30分1本勝負

    • 才木 玲佳

    • 安納 サオリ

    • 関口 翔

    • 有田 ひめか

 関口と有田は開始早々から才木に攻め込む。巨体の有田はコーナーに追い詰め顔面踏みつけ攻撃。しかし、才木もエルボーで反撃。スクールボーイで丸め込みにかかる。そして有田の巨体にボディスラム。パワーを見せつけた。
 続いて安納がミサイルキックを発射。さらに有田と関口、2人まとめてミサイルキックでふっ飛ばす。だが、有田のボディプレス、関口のドロップキックを食らって悶絶。関口のスリーパーに捕まり劣勢を強いられる。それでもドロップキックでやり返すと延髄斬りを食らわせて才木にタッチ。
 才木は果敢に有田にタックル合戦を挑む。だが、ここは有田に軍配。しかし、すぐさまカウンターのタックルでやり返す。そしてアルゼンチンバックブリーカーの体勢に。だが、有田の身体は持ち上がらず、逆に関口が出てきて連携の餌食になってしまう。さらに逆エビ固めを食らった才木。
 しかし、これを脱出すると安納がサポート。安納は有田と関口を蹴散らすと、才木がミサイルキックで有田をぶち抜く。そしてシャイニングウィザードを食らわせると、再びアルゼンチンバックブリーカー。今度はしっかりと巨体を持ち上げてギブアップを奪ったのだった。

才木&安納のコメント
安納 凄いね。
才木 意地でしたね。でも、今日はアクトレスガールズのチャンピオンである安納さんと組んで勝てた。
安納 やっと組めたもんね。
才木 ブルーコンビで。
安納 また機会があったら。いつか対角線で闘うのもありだし。
才木 今日はW-1に所属して初めて新木場に出させていただいて、無事に勝つことができました。とは言え、安納さんのアシストがあって勝てた部分があるんですけど、私はナンバーワンになりたいと思っているし、頂点を目指したいです。強い相手と闘いたいと思っているので、安納さんもチャンピオンということで凄く闘いたい相手だなと思いました。なのでどこかで機会があれば安納さんともバチバチやりたいです。

対戦カード第四試合

6人タッグマッチ 30分1本勝負

    • 近藤 修司/TriggeR

    • 立花 誠吾

    • ペガソ・イルミナル

    • 芦野 祥太郎/Enfants Terribles

    • 児玉 裕輔/Enfants Terribles

    • 羆嵐/Enfants Terribles

 W-1タッグ王座の防衛戦の相手として芦野を指名している立花は早速、芦野に突っかかる。芦野もそれに呼応して場外へ。立花をたっぷりといたぶると、リングに戻れば児玉と羆嵐も加わって集中攻撃。
 児玉のトラースキックが炸裂し、羆嵐の身体が立花の上に投下される。さらに芦野が俵返しから逆エビ固め。立花に反撃の隙きを与えない。続いて羆嵐が出てきて、背中にストンピング。そしてブレーンバスターへ。だが、立花は逆に投げ返して、ようやくペガソにタッチ。
 ペガソはミサイルキック、フェイスクラッシャー、ドロップキックを連続で炸裂させ、プランチャ。近藤も児玉と芦野をまとめてで蹴散らすと、ペガソが続けてトペ・スイシーダを発射する。しかし、羆嵐もボディスラムからのセントーンで反撃。代わった芦野がエルボースマッシュで攻め立てる。
 だが、ペガソはソバットからショットガンドロップキック。そしてタッチを要求した立花がフロントキック、バックドロップで攻め込み、近藤との合体イケメン落としを炸裂させる。そしてえびす落としの体勢に入った立花。
 だが、芦野はこれを回避するとジャーマンでお返し。カットに入ってきた近藤、ペガソも次々と投げ飛ばし、もう一発立花にも食らわせる。さらに羆嵐の埼玉に乾杯!が立花に炸裂。児玉も垂直落下式リバースDDTで続く。
 そして芦野は再び投げっぱなしジャーマンを食らわせると、最後はT-ボーンスープレックス。立花を返り討ちにしたのだった。

 試合後、マイクを握った芦野は「俺、息一つ切れてねえよ。あんな小さなマスクマンに勝ったぐれえで俺の名前出すんじゃねえよ。お前がどんなにがんばろうが壁にもならねえ。そこらに転がっている砂利と一緒だよ。なんでもない。ただのクズ。ドブネズミだよ。タイトルマッチやりてえんだろ? やってやるよ。結果一緒だよ」と罵倒しながらも、立花の指名を受諾する姿勢を見せた。

芦野のコメント
「リング上で言った通り。やりたいの? いい気になんなよ。俺も文体のメインを逃したけど、一番強えっていう自負は変わらねえ。稲葉はまぐれ。もう一回シングルやってみろ。立花も一緒だよ。俺らに挑戦? ちょっとタッグのベルト獲ったら舞い上がって会見開いて、ふざけんなバカ! 2〜3回防衛戦やったら認めてやってもいいよ。しかも、アレハンドロみたいなちっこい奴からじゃねえか。てめえ一人じゃ何もできねえんだよ! グランプリでわかっただろう。所詮烏合の衆だった。ペガソ、頓所、岩石、立花、全部一緒。砂利だよ。何の障害にもならないし、プロレスラーとして認めたくない。あいつは違うと思ったけど一緒だな。何が舎弟だ。一生誰かの舎弟やっとけ!」


近藤のコメント
「大丈夫、こいつは一つキャリアを積んだんだ。タッグチームとして機能するにはどうするべきか。こいつはそれどころじゃねえだろうけど。屈辱しかねえだろう。あいつの中にある悔しさ何百倍にもなったと思うよ。こいつの思いを俺も背負って、後楽園、タイトルマッチになるんだろ? 俺もやってやるよ。こいつは今日は無理だ。しゃべれねえ」

対戦カード第五試合

タッグマッチ 30分1本勝負

    • 河野 真幸/TriggeR

    • アレハンドロ

    • アンディ・ウー

    • 頓所 隼

 先発のアレハンドロは「カモーン、チャンピオン!」とアンディを指名。これに応じてアンディもリングに上がり、この2人で試合はスタートだ。アンディとアレハンドロがルチャの攻防を繰り広げた後、タッチを受けた頓所はコーナーの河野に突っかかる。
 そしてその隙きにアンディがアレハンドロに攻撃。だが、アレハンドロもロープを使ったアームホイップで挽回するとドロップキックを食らわせる。続いて再び登場した頓所が河野とグラウンドの攻防を展開。タッチを受けたアレハンドロには羽根折り固めだ。
 これでアレハンドロを捕獲するとアンディがボディブローを連打。さらに腕を交差して絞め上げていく。何度か切り返し合ったが、ここはアンディに軍配。アンディはさらにケブラドーラ・コンヒーロで追撃だ。
 だが、アレハンドロは頓所のミサイルキックをアンディに誤爆させると、すかさず河野が出てきて連携攻撃。アレハンドロの619、スワンダイブ式ボディプレスが炸裂し、トドメのESO ES TODOを発射だ。
 しかし、これを阻止したアンディは逆に電光石火のグラウンドコブラ。これが3カウント入って、アンディと頓所の勝利となった。だが、試合後、突如、頓所がアンディを襲撃。バックドロップを食らわせ、さらに若手たちの制止を振り切って襲いかかる。そしてマイクを握ると「アンディ! お前、1,回しか防衛してねえよな? 次、俺が挑戦してやるからよ。覚悟してこいよ!」とクルーザー王座への挑戦表明をしたのだった。

頓所のコメント
「今日も俺のアシストあっての丸め込みでしょう。まあリング上でも言った通り、次は俺がクルーザーのベルトに挑戦してやるから、覚悟持ってリング上がって来いよ!」

アンディのコメント
「頓所、それがお前のやり方か? 次の山形当たるやろ? 直接お前から獲ったる。覚悟しとけ!」

対戦カード第六試合

「WRESTLE-1チャンピオンシップ」前哨戦!6人タッグマッチ 30分1本勝負

    • 稲葉 大樹

    • 土肥 孝司

    • エル・イホ・デル・パンテーラ

    • T-Hawk

    • 吉岡 世起

    • エル・リンダマン

 先発は9.1文体でW-1チャンピオンシップを闘う稲葉とT-Hawk。まずはグラウンドで手を探り合うと続けてタックル合戦。T-Hawkが稲葉をふっ飛ばせば、稲葉もアームホイップでお返しだ。続いて土肥とリンダマンが登場。リンダマンは体格差のある土肥に果敢にショルダータックルを連発するが、土肥はびくともしない。
 ならばとリンダマンは蟹挟みでテイクダウン。土肥の串刺し式ラリアットをかわしてバカにするように頭を小突くが、土肥からショルダータックルとボディスラムのお仕置きを食らってしまった。
 続いてはパンテーラと吉岡の攻防。序盤からスピーディーに動き回る両者だが、パンテーラが吉岡を場外にドロップキックで叩き落とす。そしてアシストに来たT-Hawkとリンダマンも場外に追いやるとトペ・コンヒーロだ。
 だが、リングに戻ると吉岡もキックで反撃。代わったT-Hawkは逆水平チョップを連打していためつけると、DDTでマットに串刺しだ。続くリンダマンもドロップキック。しかし、代わった土肥がリンダマンにレッグブリーカー。稲葉も出てきて股裂きを食らわせてリンダマンを追い込んでいく。
 しかし、リンダマンは土肥の巨体に水車落としを食らわせてT-Hawkにタッチ。T-Hawkは代わった稲葉に逆水平チョップで攻め立てる。さらにネックハンギングボムを食らわせたT-Hawk。稲葉もフライングショルダータックル、ブルーサンダーでやり返して痛み分けだ。
 続いてパンテーラとリンダマンの攻防だが、吉岡との連携攻撃にパンテーラが苦戦。吉岡のファルコンアローからリンダマンのダイビングボディプレスも食らってしまった。しかし、必死に挽回すると今度は土肥と稲葉が連携攻撃でリンダマンを追い詰める。それを吉岡とT-Hawkがカット。稲葉とT-Hawkはエルボー合戦を展開する。
 しかし、その後、土肥が捕まる。リンダマンの水車落とし、吉岡のラ・ミスティカが炸裂。この波状攻撃に巻き込まれた土肥に、最後はT-Hawkがケルベロス。土肥から3カウントを奪い、チャンピオンとしての強さを見せつけた。

 試合後、T-Hawkは「稲葉さん、9月1日、横浜文体、今のその気持ちじゃこのベルトには届かないですよ」と稲葉に宣告。稲葉も、「次の後楽園、文体で届かせてやる。文体で世界一熱い試合をしましょう!」と宣言し、両者フェイス・トゥ・フェイスで睨み合った。
 続いてリンダマンがマイクを握ると、8.1後楽園大会で組まれているW-1vs#STRONGHEARTS
に出場する加偉に上ってくるように促す。だが、加偉がロープをまたいだ瞬間にそれを蹴り上げ、金的にダメージを与えると悶絶する加偉に暴行だ。そして、後楽園での制裁を予告したのだった。

T-Hawk&リンダマンのコメント
T-Hawk 口で言うのは簡単ですから。このベルトはそんな甘いもんじゃない。もっと来てください。今のままじゃこのベルトには届かない。それから、なんだ、あのクリクリ坊主?
リンダマン タマみてえな頭しやがって。今日は俺たちだけだったけど、後楽園にはCIMAさんもいますから。圧倒的実力で……たまたまじゃないぞ? 圧倒的実力で俺たちが勝つからな!
T-Hawk 吉岡さんも馴染んできてるし、今日は3人でやっててCIMAはいないけど、簡単に名前を言うなよ。俺たちをあんまナメんなよ。
リンダマン 全ては8月、そして9月の文体に向けてガッチリしたものを見せましょう!

稲葉のコメント
「今日は初めて当たって、俺の気持ちが届いてないって言うから、文体で当たる時はもう勘弁してくれって言われるぐらい届けます。勘弁してくれって言っても届けて、俺のストロングハーツを届けます」

WRESTLE-1 OFFICIAL GUIDE