「WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL」

2019年7月1日(月)〜2019年7月31日(水)

20197.28(SUN)

「WRESTLE-1 TOUR 2019 SYMBOL」7.28埼玉・春日部ふれあいキューブ大会
開催日:2019年7月28日
時間:17時開始/16時30分開場
場所:埼玉・春日部ふれあいキューブ
住所:埼玉県春日部市南1-1-7
TEL:048-734-3005
アクセス:
春日部駅西口より徒歩5分 ※来場者様用の駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

チケット

【チケット情報】
・最前列プレミアムシート ¥7,000
・リングサイド ¥5,000
・指定席 ¥4,000
・自由席 ¥3,000
※当日各席¥500 UP
※当日のみ小中高ワンコインチケット¥500を販売致します。
【チケット販売所】
・チケットぴあ(Pコード:594-330)TEL:0570-02-9999 http://t.pia.jp/
・ローソンチケット(Lコード:31970)TEL:0570-000-732(10~20時) http://l-tike.com/sports/wrestle_1/
・イープラス http://eplus.jp/
・㈱GENスポーツエンターテインメント TEL:03-6452-6815
・WRESTLE-1 Official Web SHOP http://shop.w-1.co.jp/
【チケット販売日】
ファンクラブ先行受付を4月20日~4月23日の期間にて受付。
5月3日後楽園ホール大会で会場先行販売、5月4日より順次一般販売開始。

対戦カード第一試合

シングルマッチ 30分1本勝負

    • 吉岡 世起

    • 馬場 拓海

 試合前に首の負傷のため、今大会を欠場となった立花が登場。欠場の挨拶と、そして8.1後楽園大会も欠場し、現在保持しているタッグ王座の返上を発表した。立花は「必ずタッグのベルトを持って春日部に帰ってくる。それまで待っててくれよ」と王座返り咲きをファンの前で誓ったのだった。

 第1試合は吉岡と馬場のシングルマッチ。まずはグラウンドの攻防から馬場がドロップキックで先制。すると吉岡は場外に出て間を取る。じれた馬場が追いかけてくると捕まえてリングに戻すとキックでお仕置きを開始だ。
 馬場もドロップキックで反撃し、串刺し式エルボーアタックを連発。さらにエルボーアタックで吉岡をダウンさせるとブレーンバスターも繰り出してみせる。しかし、吉岡のキックによる反撃を食らいながらもミサイルキックで打ち抜いた馬場。
 だが、吉岡は掌底の連打とハイキックでたちまち形勢を変えると、最後はFUMIEで3カウントを奪ったのだった。 

吉岡のコメント
「馬場、蹴りはファッションじゃねえんだよ。ファッションで蹴りやってる奴に負けるわけねえだろう。誰に蹴り習ってると思ってんだよ。秘密だけどな」

馬場のコメント
「吉岡世起、俺と同じ蹴りを使う選手。土方さんに言われて第1試合を熱くしようという俺の気持ちをバカにしてんのか? 場外に出て笑いやがって。次はボコボコにしてやる!」

対戦カード第二試合

シングルマッチ 30分1本勝負 ※変更カード

    • 本田 竜輝

    • 伊藤 崇文

 急遽出場の伊藤と本田はまずレスリングの攻防から試合開始。しかし、本田はショルダータックルで伊藤をふっ飛ばし、ストンピングを連打する。だが、伊藤はすぐにキックで反撃。PKで本田を蹴り倒すとグラウンドでアームロックを仕掛ける。
 さらに伊藤はアームブリーカーでいためつけてからストレートアームバー。本田を追い込んでいく。しかし、本田もエルボーで反撃。伊藤がロープに走ったところをカウンターで捕まえてボディスラムだ。
 本田は続けてブレーンバスターを放つと逆エビ固めに捕獲。伊藤にギブアップを迫る。しかし、ロープエスケープした伊藤はカウンターで本田を捕まえると裏投げ。そしてジャーマンで投げ飛ばすとアームロック。しばらく耐えた本田だったが万事休す。無念のタップアウトとなった。

本田のコメント
「急遽変更のカードになって、相手が他団体の選手でW-1所属の自分が負けたのは本当に悔しいです。次は後楽園があるので、でかい人に対抗する身体を作って次は勝ちたいと思います」

伊藤のコメント
「いつもと違う相手で手こずってはないけど、大きい分嫌だなって久々に感じましたね。最初のタックルもふっ飛ばされたんで、あんなの食らうことも滅多にないから避けようと思ったけどその余裕もなかった。あと土方? なんか面白いことやっているようだから、いつもやってるタナカ岩石もいるようだけど、勝負関係なくやっていいんじゃないかな。こっちも佐山にあと一人入れて、文体で土方組と伊藤組でやってやろうじゃない。面白そうなことやってるから乗っかるわ。結果はこっちが必ず勝つ。W-1、また来るわ」

対戦カード第三試合

タッグマッチ 30分1本勝負 ※変更カード

    • 河野 真幸/TriggeR

    • アレハンドロ

    • 征矢 学/new Wild order

    • アンディ・ウー

 征矢を相手にするアレハンドロだが敵わないと見るや河野にタッチを求める。だが、河野は拒否。ならばと果敢にチョップを打つが、征矢は効いた素振りを見せない。業を煮やして、「お前が打ってこい!」と要求したアレハンドロ。
 だが、征矢のチョップ1発で悶絶。スリーパーで絞められ、場外に落とされると征矢に追いかけ回されてしまう。さらにアンディにもいたぶられ、征矢にはアバランシュホールドを被弾したアレハンドロ。征矢にはアンディグッズとして売られているヌンチャクを使ったチョーク攻撃を食らってしまう。
 しかし、セカンドロープを使ったミサイルキックでなんとか反撃するとようやく河野にタッチ。河野は征矢とチョップ、エルボーを打ち合うと再びアレハンドロが登場。代わったアンディにスクールボーイからのドロップキックを食らわせる。
 だが、アンディも逆立ち式のヘッドシザーズホイップからミサイルキック。ならばとアレハンドロは619で流れを変え、河野のアシストからスワンダイブ式ボディプレスだ。ここは征矢がカットに入るが、河野が征矢を押さえている間に必殺のESO ES TODOを発射する。
 しかし、アンディはこれを阻止するとローリングクレイドル。アレハンドロとの丸め込み合戦を制して、最後は逆さ押さえ込みで3カウントを奪ったのだった。

征矢&アンディのコメント
征矢 クルーザーチャンピオンと組んだから負けないから。元タッグチャンピオンに勝ちました。何があるかわからないけど、パートナーを俺はまずあれしなきゃいけないんだけど、アンディもこのベルトがあるからさすがに俺のパートナーは……どうする?
アンディ 組みたい気持ちはあるけど、この後挑戦者決定戦があるんで、じっくり見て。だから保留ということでお願いします。
征矢 保留だ。
アンディ MAZADAさんがいるんでね。
征矢 そうだ! 俺にはMAZADAさんがいるわ。よそ見しとった。ごめんな、アンディ。
アンディ いえいえ。でも、MAZADAさんがダメだったら俺はパートナーいないんで。
征矢 お前、ひょっとして中身はMAZADAさんじゃないのか?

河野&アレハンドロのコメント
アレハンドロ W-1タッグチャンピオンが返上されました。僕とまさゆきはいつでも挑戦してやる。そして前王者として挑戦の権利はある。
河野 今日はミスジャッジじゃない? アレハンドロのスクールボーイは入っていた。
アレハンドロ 勝ってた試合でしたね。
河野 W-1もVTR判定入れてください。
アレハンドロ タッグは僕とまさゆきがもらう。ソイ・アレハンドロ!

対戦カード第四試合

タッグマッチ 30分1本勝負

    • 稲葉 大樹

    • タナカ 岩石

    • 土肥 孝司

    • ペガソ・イルミナル

 先発は稲葉と土肥。がっつりとやり合うと続く岩石とペガソもレスリングの攻防。さらにタックル合戦から岩石がグラウンドに持ち込みマウントポジションからパンチを連打だ。だが、ペガソもソバットでやり返すと正面からのドロップキックで反撃だ。
 そして土肥とタッチすると、土肥のアシスト付きのミサイルキックを炸裂させる。これで岩石を捕まえると土肥とペガソは代わる代わるいたぶっていく。ローンバトルを強いられた岩石だったが、ペガソに河津落としを決めてようやく稲葉にタッチ。鬱憤の溜まっていた稲葉はペガソ、土肥を連続でフライングショルダータックルでふっ飛ばすと、場外に逃げた土肥にはプランチャで追撃だ。
 さらに土肥を卍固めで捕獲した稲葉。ここはペガソがカットするが、ブルーサンダーで叩きつけ、代わった岩石も払腰だ。土肥も反撃するが、岩石は岩石ロックから三角絞めでギブアップを迫る。
 しばらく絞められ続けた土肥だったが、強引に岩石を持ち上げると、そのまま空中でラストライドの体勢に切り替えてシットダウン。重みのある一発で岩石から3カウントを奪ったのだった。

岩石のコメント
「俺が見ているのは8月1日だから。周りからすればたかが第1試合の若手のやるシングルマッチだけど、俺にとってはたかが第1試合じゃない。されど第1試合だ。これからのタナカ岩石に必要な第1試合。言葉では表せない思いを土方隆司にぶつける。それが俺のあの人への敬意だ」

土肥&ペガソのコメント
土肥 W-1、8月1日、後楽園あるけどよ、9月1日にビッグマッチがあるだろうが。カードはまだ決まってねえ。ただよ、ビッグマッチでアンダーカードに沈む……そんなことはありえねえ。次の後楽園までにはカードを会社に決めさせるよ。楽しみにしとけ。
ペガソ 俺も文体まだカード発表されてないです。ハヤシさんが用意してくれるのを楽しみにしています。

稲葉のコメント
稲葉 耐えて耐えては防御じゃない。攻撃だから。打撃、関節技、投げ技だけじゃない。耐えて耐えて相手の心をへし折る。相手の内側から壊していってるんだよ。防御じゃない。大事な攻撃の一つだから勘違いしてほしくない。俺にとっての攻撃だから。で、8月1日の後楽園……。
※ここで吉岡が登場
吉岡 稲葉〜、物足りねえって思ってんのは俺もだよ。数年前に文体でベルト獲った時のほうががむしゃらだったよ。かつての熱い稲葉で来るか? 俺らに叩き潰されるか? お前次第だよ。あんまウチのT-Hawkをがっかりさせんなよ。
稲葉 8月1日、当たるでしょう、吉岡世起と。そこでどんな稲葉大樹がリング上で闘っているのかわからせてやる。あとT-Hawkに対しても覚悟を持ってリングに上がります。そして横浜文体、T-Hawkに勝ってベルトを巻く。以上です。

対戦カード第五試合

タッグマッチ 30分1本勝負

    • 才木 玲佳

    • 本間 多恵

    • 清水 ひかり

    • 有田 ひめか

 地元・春日部市出身の才木が登場。先発を買って出ると、いきなり有田と真正面からタックルで激突だ。ここはさすがに体格で上回る有田に軍配。だが、才木はエルボーをぶち込みやり返してから本間にタッチだ。
 本間は清水と攻防を展開。清水のドロップキックをスカすとマウントポジションからパンチを連打。続く才木も清水をボディスラムで叩きつけ、いきなりアルゼンチンバックブリーカーだ。そしてキャメルクラッチでいたぶった才木。
 しかし、続く有田が才木と本間をタックルで次々とふっ飛ばす。ならばと才木もキックで反撃。ミサイルキックをぶち込むと本間もミサイルキックで続く。そして、有田をロープに張りつけた本間。有田の背中に才木と一緒にキックとチョップを炸裂させる。
 しかし、有田も反撃。逆エビ固めで本間をいたぶり、清水とのツープラトン攻撃もズバリ。本間を追い込んでいく。だが、代わった才木が清水とローキック合戦。お互いに一歩も引かずに蹴り合う。一度はダウンさせられた才木だったが、ドロップキックでお返し。
 だが、有田が入ってきてボディスプラッシュ。すかさず清水もレッグラリアットだ。しかし、才木は清水がトップロープに上がったところを捕獲。アルゼンチンバックブリーカーで締め上げる。
 ここは有田がカット。清水は才木にダイビングフットスタンプを投下だ。だが、本間がカットに入ると才木はシャイニングウィザード。本間がミサイルキックで有田を排除すると、最後はジャックハマーで叩きつけ、3カウントを奪ったのだった。

才木のコメント
「地元・春日部で勝ちました。後楽園ではレジェンドと闘ってなかなか勝つ姿を見せられないんですけど、同世代には負けられない。より負けられない闘い。この31日に今日闘ったアクトレスさんのリングに参戦させていただきます。W-1を代表してこれから闘っていくことになると思うので、先輩方の恥にならないように才木玲佳のプロレスを見せていきたいと思っています」

対戦カード第六試合

WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ次期挑戦者決定戦!シングルマッチ30分1本勝負

    • 頓所 隼

    • エル・イホ・デル・パンテーラ

 先制攻撃を仕掛けた頓所だったが、パンテーラは冷静に対処。場外に落とされたところで続く頓所の攻撃を事前に察知。エプロンから引きずり落として、流れを掴む。パンテーラはリングに戻ると頓所に串刺し式のスピアー。
 さらに2発目を放ったパンテーラ。だが、頓所はこれを避けて自爆させることに成功。鉄柱に激突して場外に転落したパンテーラにエプロンを使ってのスイング式DDTで追撃だ。リングに戻ると肩を攻め立てる頓所。
 パンテーラも風車式のサイドバスターで反撃し、場外に落ちた頓所にプランチャからのボディプレスを発射する。だが、頓所は足を伸ばしてこれを迎撃。さらにエプロンを走ってのミサイルキックをパンテーラの背後から炸裂させる。
 勢いに乗る頓所はパンテーラを客席に投げ込むと、戻ってきたところにスライディングキック。さらにヘッドシザーズで締め上げる頓所。だが、パンテーラは頓所のミサイルキックを自爆させるとトラースキックで反撃だ。
 それでも頓所はエルボーで反撃して流れを譲らない。お互いにエルボー、トラースキックを打ち合う展開となったが、頓所が蹴り上げからスイング式DDTを炸裂させる。そしてコーナーに上がった頓所はパンテーラの背中にミサイルキックだ。
 そしてランニングニーを1発決めるとヒザのサポーターを外した頓所。トドメを狙ってランニングニーを発射する。だが、パンテーラはこれを避けるとすかさず丸め込み電光石火の3カウント。

パンテーラのコメント
「(日本語で)次、9月1日、横浜文体でアンディ・ウーvsエル・イホ・デル・パンテーラ。アンディ・ウー、友達だけど、イン・ザ・リング、友達じゃない。本当に本当にがんばります」

頓所のコメント
「俺、3つ返したでしょ? これでまたベルト戦線から外れたか。俺、落ち込んでないよ。また次を見てるから。また次だよ、次。また必ず自分の力でクルーザー戦線絡んでいって、近い将来必ずクルーザーのベルトを巻いてみせる」

対戦カード第七試合

「WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ前哨戦」6人タッグマッチ 30分1本勝負 ※変更カード

    • カズ・ハヤシ

    • 近藤 修司/TriggeR

    • 藤村 加偉

    • 芦野 祥太郎/Enfants Terribles

    • 児玉 裕輔/Enfants Terribles

    • 羆嵐/Enfants Terribles

 デビューして4戦目の加偉が先発。羆嵐に果敢に立ち向かっていく。しかし、羆嵐はフライングソーセージで圧殺。そして場外に追いやると両軍とも場外乱闘を開始だ。地元埼玉とあって応援団が多数押し寄せている羆嵐には異様なほど声援が送られる。
 これに気を良くして暴れまわる羆嵐。リングに戻ると加偉に集中砲火。児玉、芦野、羆嵐がチョップを打ち込み、芦野は逆エビ固めだ。なんとか抜け出した加偉はエルボーアタックを連発。何発も打ち込み、ついに芦野を倒してみせる。だが、芦野はすぐにエルボースマッシュアタックでお返し。
 続く羆嵐は踏みつけ攻撃。さらにセントーンを放つ。だが、加偉は間一髪避けるとドロップキック。ようやく近藤にタッチだ。近藤はランサルセを決めるが、羆嵐もバックフリップからセントーンで反撃。
 そして代わった芦野が俵返しを炸裂させる。さらにエルボースマッシュアタックで追撃する芦野。続けてアンクルロックに捕獲する。ここでなんと加偉がカット。芦野は加偉を蹴散らすが、近藤もマンハッタンドロップからの低空ドロップキックで反撃だ。
 そして代わったカズがパワハラボディブローを連打。しかし、芦野もジャーマンでやり返す。続いて登場した児玉にもカズはボディブローを連打。児玉もドロップキックでやり返し、両軍羆嵐と加偉にタッチ。
 加偉はドロップキックを連発し、羆嵐に張り手を食らわせる。そして串刺し式ドロップキックからミサイルキックを発射だ。だが、羆嵐はこれを軽々とキャッチ。加偉をマットに叩きつけると、続けてチョークスラム。
 そして埼玉に乾杯!の体勢に。だが、加偉はこれを阻止すると、カズが入ってきてハンドスプリング式レッグラリアット。近藤もラリアットで続き、加偉がミサイルキックだ。しかし、羆嵐はラリアット一発で流れを変えると、セントーンを投下。
 芦野が入ってきて羆嵐の身体を投下すると、続けて羆嵐が埼玉に乾杯!だ。それでも粘る加偉を最後はダイビングセントーンで葬ったのだった。

 試合後、マイクを持った芦野は近藤に後楽園大会でのタッグ王座戦をどうするのかと問いかける。そこに立花が登場するが、首の痛みで何もできない。すると今度は征矢が登場。立花に「お前は俺をパートナーにしてくれなかったけど、俺はお前の舎弟だから代わりにやる。近藤修司&征矢学vs芦野祥太郎&児玉裕輔の新タッグ王者決定戦を行います!」と宣言。芦野たちも受諾し、後楽園大会での新王座決定戦が濃厚となった。

近藤&立花&征矢のコメント
立花 まず8月1日、後楽園。タッグチャンピオンとして出るつもりだったけど、素直に情けねえ。舎弟に顔向けできねえよ。だけど必ず首を治して戻ってくるからよ。それまで待っててくれ。
征矢 舎弟代表して待ってますから、兄貴。ゆっくり治してください。それで俺と近藤さんが獲ったら挑戦してこいや。
近藤 今度はお前がパートナーXを探す番かもしれないな。
征矢 大変だぞ。まあ、8月1日、後楽園ホール、必ずこのチャンスをものにしたいと思っています。近藤さんとは大学の先輩後輩なんで武大(国際武道大学)魂を胸にベルトを必ず巻きたいなと思っています。
近藤 まあ俺には武大魂はないですけど、立花が首を怪我して試合に出られない。返上しますと言われて今日のメインまでどうしようかと思っていましたけど、正直にお前はさんざん不義理をしたけど、征矢が助けに来てくれた
立花 不義理じゃねえけど助かったよ。
近藤 これでXって言ってた伏線が回収されたし、征矢は立花に引けをとらないパートナー。タッグを獲ってそのまま文体まで持っていきます。以上。

芦野&児玉&羆嵐のコメント
芦野 リング上で立花が言ったように直前で怪我をして返上。その流れで征矢が出てきてタッグ王者決定戦。まあ良くなったんじゃない? 征矢のほうがいいでしょう。たまには真剣な征矢を見たいでしょう。You Tubeで武尊とコラボしている場合じゃないんだよ。底辺ユーチューバーをBANさせてやる。お前ら俺に負けたらBANな、BAN。試合自体は近藤とやったけど、気持ち入ってないですね。気持ちあんのか? どこにあんだ? ドラゲーか? 俺らの興行休んで責任感のないタッグチャンピオンだったからよ。立花もないな。決まったからにはやってやるよ。
児玉 こうなったら獲ったら返上するとか言ってたけど、獲ってW-1で一番面白いベルトにしてやる。
芦野 プロレス脳が違うから。お前らと。それを思い知らせてやるよ、8月1日。
羆嵐 春日部大会、終わったな。2回目だよ。満員だよ。大成功だよ。次は10月14日、体育の日だよ。また暴れに来てやるからよ。また見に来いよ。(後楽園で土肥選手とやるが?)知らねえよ。疲れてんだよ。あの小僧来ただろ? アゴに入れてきやがった。次またぶっ殺してやるから。あの小僧だよ、小僧。ちょっとだけ空席あったから、この俺羆嵐が埋めてやる。

WRESTLE-1 OFFICIAL GUIDE